詐欺の手口や事例、詐欺にあわない対策方法、また詐欺にあってしまった時の相談先など解説しています。

競馬情報詐欺

■競馬情報詐欺の手口

「確実に当たる」「当たらなかったら全額返金」「高い的中率」「JRAの人物からの情報だから確実」などを売りに、いかにも信用できる競馬予想サイトを装い、さらに無料会員登録できることで、ターゲットを詐欺サイトの会員にさせ「新規お客様特典として通常は3万円の有力情報を5000円で提供」と言って購入させます。
しかしレースは外れ、被害者がクレームをつけると、安い値段だったからなど何かしら理由をつけて、別の有力情報をさらに高い値段で売りつけます。
それを繰り返し、被害者から何度もお金を騙し取る手口。
その他の手口としては情報料が高額な場合は、立替えるといって購入させたり、必ず当たると言ってで競馬予想ソフトを売りつけたりする。
いずれもクレームを言うと、何かしら理由を言って返金はしない。
立替えた場合など、払わなければ自宅や会社に行くなどと脅すあくどい手口もあります。

■競馬情報詐欺事例

事例@
Aさんは無料会員登録ができる競馬予想サイトに登録しました。
するとサイトの担当者から電話がかかってきて、新規登録者限定情報を特別価格で提供すると言う話しでした。
Aさんはためらいましたが、担当者の確実に当たるという言葉についつい乗せられ購入。
しかし実際の予想はまったく外れで、Aさんは負けてしまいました。
担当者に文句を言うと、値段の安い情報だからと逃げられ返金もされず競馬情報詐欺の手口にひっかかってしまいました。

事例A
Bさんは雑誌で見かけた、競馬予想ソフトに興味をもち、販売している会社に電話をかけました。
Bさんがソフトのことを問合せると電話の担当者は、過去のデータを活かした安心・確実の競馬で大人気の商品と言ってBさんに購入するように勧めました。
Bさんはさっそく購入。
実際やって馬券を購入しましたがまったく当たらず、会社にクレームを言うと、やり方が悪い、間違っているなど、Bさんのやり方を非難され、結局返金もされず詐欺被害に。

■競馬情報詐欺の対策

◎むやみに登録しない
競馬予想サイトには詐欺サイトもあるということも考えて、安易に会員登録などしないこと。連絡先がわかればここぞとばかり詐欺グループがわなをしかけてきます。
うまい誘い文句であっという間に購入させられると言う場合もあります。

◎契約は簡単にしない
詐欺グループは情報を購入させる為、「絶対当たる」「今ならこの値段で」など次から次へとうまいことを言ってきます。
連絡を入れると間髪いれずたたみかけてきますが、冷静に考え、簡単には契約はしないようにしましょう。

◎優柔不断な態度はしない
断りたいのにウジウジしている態度は、競馬情報詐欺グループの思うつぼ。
ここぞとばかりとどめをさすセールストークで、そのまま契約になってしまうケースもあります。購入したくなければハッキリと断りましょう。

■もし競馬情報詐欺で騙されてしまったら

「当たらなければお金はお返しします」などの甘い誘い文句で騙されてお金を支払ってしまった場合、取り戻すには相手(グループ)を特定する必要があります。
詐欺グループの特定には探偵・調査会社に依頼することが一般的です。
競馬情報詐欺の調査料金については各探偵事務所・調査会社によって変わりますので、相談時に見積もり依頼されることをおすすめします。

債務整理ガイド