詐欺の手口や事例、詐欺にあわない対策方法、また詐欺にあってしまった時の相談先など解説しています。

美人局

■デート商法の手口

電子メール、街角のアンケート、電話、出会い系サイト、お見合いパーティーをきっかけに詐欺グループの1人Aが被害者に近づき、何度かデートを繰り返し心を開いたような素振りで安心させた後、詐欺グループの店舗に誘い込みます。
店舗ではAが被害者に商品をねだり、その他の詐欺グループのメンバーが回りを囲むなどして購入させようと仕向ける手口。

■デート商法事例

Aさんはお見合いパーティーで気が合った女性と、デートをすることになりました。
何度かデートを重ねていくうち、Aさんは完全にその女性にはまってしまいました。
ある日、女性が行きたい所があると言ってAさんをあるジュエリー店へ誘いました。
女性はこれが欲しいとねだってきました。
かなり高価な宝石でしたが、大好きな女性のためだと思ったらAさんはためらいもなく購入して詐欺の被害に

■デート商法の対策

◎怪しいと思ったら相談する
恋愛感情がからんでくる詐欺なので、対策は難しいですが、何か怪しいと感じたら最寄の消費生活センターや法務事務所に相談することをオススメします。

◎クーリングオフをする
契約してしまったら、一定期間内であれば契約の解除ができるクーリングオフ制度を利用して契約を解除しましょう。

◎手口を知る
インターネットなどでデート商法の詐欺手口を紹介しているサイトもあるので、手口を知って、知識をつけておきましょう。
もし詐欺に遭遇した場合、役に立つかもしれません。

■もしデート商法で騙されてしまったら

恋愛感情を利用して商品をねだり高価のものを購入させる卑劣なデート商法で騙されてお金を支払ってしまった場合、取り戻すには相手(グループ)を特定する必要があります。
詐欺グループの特定には探偵・調査会社に依頼することが一般的です。
デート商法の調査料金については各探偵事務所・調査会社によって変わりますので、相談時に見積もり依頼されることをおすすめします。

債務整理ガイド