詐欺の手口や事例、詐欺にあわない対策方法、また詐欺にあってしまった時の相談先など解説しています。

オークション詐欺

■オークション詐欺の手口

パソコン・携帯電話・スマートフォンなどから出品・入札・落札でき、自宅や外出先からでも簡単にオークションが楽しめる「インターネットオークション」。

このインターネットオークションを悪用した詐欺が総称でインターネットオークション詐欺またはネットオークション詐欺、オークション詐欺と呼ばれています。

インターネットオークション詐欺の手口もいろいろ、最終的に詐欺グループの取引相手が音信不通になり追跡不可能になることが多い。

ネットオークション詐欺の主な手口
○代金を振り込んでも商品が届かない。
○商品を送っても代金が振り込まれない。
○掲載した商品とまったく別の物を送る。
○ブランド品を本物と偽り送る。
○ジャンク品と明記していない商品の出品。

もっと手の込んだ下記のような手口もあります。

■ID乗っ取り詐欺
オークション参加の際に必要となる、IDをスパイウェアやフィッシング詐欺で違法に入手して出品など行う手口。
■成りすまし詐欺(次点詐欺)
落札者にメールで、出品者を装った詐欺グループの口座に振り込ませたり、「落札者が辞退したのであなたが落札者になりました。」という嘘メールを送り、次点落札者からお金を騙し取る手口。
■委託詐欺
出品者から落札者に連絡が行く前に、商品は知人が所持している代理出品であると詐欺グループが出品者を装い伝え、先に代金だけ振り込まして騙し取る手口。
■返品詐欺
返品が自由、完全匿名で可能なオークションサイトに限っては、届いた商品に文句をつけた後、まったく別物を送り返したり、商品がCD、DVDだった場合、コピーした後、わざと傷をつけ不良品として返金を要求する手口。

■オークション詐欺事例

事例@
Aさんはネットークションで、安価なブランド物のパソコンを落札しました。
取引相手から振込み先など書かれたメールが届いたのでさっそくお金を振り込みました。
数日たっても振込み確認のメールが届かず、おかしいと思いながら商品到着を待っていたのですが、一週間たっても商品が届く気配もなく不安になったAさんは、出品者の連絡先に電話をかけました。
しかしそこには別の人物が住んでいて出品者と連絡を取れず、Aさんはお金だけ騙し取られネットオークション詐欺の手口にひっかかってしまいました。

事例A
ネットオークションに参加していたBさん。
競りあった結果、別の人物が落札、Bさんはその商品を手にすることができませんでした。
数時間後、出品者からメールが届きました。
内容は「落札者がキャンセルを申し出たので、もしよろしければ購入しませんか?」と言うものでした。
Bさんはとても欲しい商品だったので購入を希望、代金を指定された口座に入金しました。
その後なかなか商品が届かなかったので、出品者に連絡。
「もう少しで届きます。」と言われ仕方なく待つことに。
しかしやっぱり商品が届かなかったでもう一度連絡すると既に電話番号が変わっていて、連絡がとれない状況になっていました。
Bさんはまんまとオークション詐欺の被害に遭ってしまいました。

■オークション詐欺の対策

◎取引相手の過去の評価や出品物を確認する
オークションには出品者や落札者の取引対応を評価できるシステムがあります。詐欺を見破る方法の1つとして、入札する前に必ず確認しておきましょう。「非常に良い(各オークションで言葉が異なります)」がたくさんあればいいのですが、詐欺グループ同士で、評価をあげていく手口もあるので、「非常に良い」がたくさんあるから安心とはいきません。この場合は、評価がどれぐいの期間でされているかでチェックしてあまりにも短い期間でたくさん評価されている場合は詐欺の可能性が高いかもしれません。またこのページでも説明しています「なりすまし詐欺」が増えていることもあり、対応の評価だけではなく、出品物が急激に変わっている時期がないかなども確認しておきましょう。

◎取引相手の身元確認をする
取引相手の身元をはっきりとさせておきましょう。住所・氏名・電話番号は当然ですが連絡先が携帯電話のみだった場合、固定電話の番号を教えてもらうなど確実に連絡ができる状態にしておきましょう。連絡先がメールのみそれもフリーメールアドレスの場合や、理由もなく固定電話の番号を明かさない相手だと詐欺の可能性も考えられます。

◎商品画像を確認する
商品画像が掲載されていなかったり、掲載していてもメーカーで使用されていた画像を無断使用している場合は、詐欺の可能性がありますので、そんな商品に出会った場合は購入を控えることをおすすめします。

■もしオークション詐欺で騙されてしまったら

お金を振り込んだのに商品が届かない、希望したものとはまったく別のものが届いたなど、オークション詐欺に遭い、騙されてお金を支払ってしまった場合、取り戻すには相手(グループ)を特定する必要があります。
詐欺グループの特定には探偵・調査会社に依頼することが一般的です。
オークション詐欺の調査料金については各探偵事務所・調査会社によって変わりますので、相談時に見積もり依頼されることをおすすめします。

ここに広告読み込みパス

被害金を取り戻す場合は司法書士・弁護士に依頼することが一般的です。

債務整理ガイド