詐欺の手口や事例、詐欺にあわない対策方法、また詐欺にあってしまった時の相談先など解説しています。

出会い系詐欺

■出会い系詐欺の手口

無料という言葉でターゲットをおびき寄せ、その出会い系サイトに登録すると、別で用意されていた複数の出会い系有料サイトに自動的に登録させ高額な利用料を請求する手口。

その他では「完全無料のお試し期間は無料期間」などの無料期間を設定して登録させ期間が終了する前に退会を申し出た場合、わざと時間を稼ぎ有料期間まで引き伸ばしお金を請求する手口や、出会い系サイト側が用意したサクラが、被害者に「会える」ような嘘を混ぜた巧みな言葉でお金を使うように誘導する手口などもある。

■出会い系詐欺事例

事例@
無料出会い系サイトに登録したAさん。
無料ということで気軽に登録しましたが、なぜか他のサイトにそれも複数の有料出会い系サイトに登録されていました。
そのサイトから来たメールを読むと高額な登録利用料を請求する内容でした。
登録されてサイトは複数だったためそれぞれ利用登録料は支払うハメに。
Aさん軽い気持ちで利用した出会い系サイトで詐欺に遭ってしまいました。

事例A
Bさんはネットで恋人を見つけたかったので出会い系サイトに登録しました。
すぐに女性からメールが届きメールのやり取りを続けました。
何度かやり取りすると趣味や好きなものなどが共通したりとても相性が良く、Bさんは夢中になり、メールのやり取りでかなりのお金を使いました。
実際に合いたくなったBさんはそのことを言うと、メールの度に「もう少し待って」を繰り返されました。
Bさんは会えるものだと信じて何度もメール、さらにお金を使いましたがある日、女性からパッタリ連絡が来なくなり音信不通に。
Bさんは出会い系サイト側が用意したサクラにまんまと騙され被害に遭いました。

■出会い系詐欺の対策

◎「無料」には要注意
「完全無料」「期間限定無料」など無料をえさにおびき寄せる悪徳出会い系サイトが多いので、「無料」というワードには注意が必要です。
悪質サイトを紹介しているウェブページもあるのでそこを参考にしましょう。

◎常に意識してサイトを利用
全てではないのですが、悪徳出会い系サイトが多いのも事実です。
利用する際は「これは悪徳出会い系サイトかも?」と常に意識していれば未然に防ぐこともできるかもしれません。

◎何かあれば相談
もし何かおかしいと感じたら自分で判断せず、最寄の消費生活センターや警察に相談しましょう。
相談することで知らなかった情報や解決策が見つかり騙されずに済むかもしれません。

■もし出会い系詐欺で騙されてしまったら

無料を謳い登録すれば複数の有料サイトに同時登録する手口などで騙されてお金を支払ってしまった場合、取り戻すには相手(グループ)を特定する必要があります。
詐欺グループの特定には探偵・調査会社に依頼することが一般的です。
出会い系詐欺の調査料金については各探偵事務所・調査会社によって変わりますので、相談時に見積もり依頼されることをおすすめします。

債務整理ガイド