詐欺の手口や事例、詐欺にあわない対策方法、また詐欺にあってしまった時の相談先など解説しています。

ワンクリック詐欺

■ワンクリック詐欺の手口

画像やボタンを押しただけで入会していないにも関わらず高額な利用料金を請求する手口。
例えば無料画像見放題と書かれた画像をクリックすると「ご入会ありがとうございます。」という入会手続き完了の画面に切り替わり何十万円という利用料金、さらにiPアドレスなど個人情報らしきものも提示して被害者をあせらせ、払わなければ自宅に行くと言う脅かしでお金を振り込ませるように仕向ける手口です。
多くはアダルトサイトで行われる手口ですが、最近では見た目普通の情報系サイトでも行われています。

悪質なソフトをダウンロードさせ個人情報を盗んだり、利用料金の請求を促す表示を常にパソコン画面に立ち上げさせて被害者を不安にさせる「ワンクリックウェア」という手口もあります。

■ワンクリック詐欺事例

事例@
Aさんにアダルトサイトから広告メールが届きました。
メールに書かれていたURLをクリックするとそのアダルトサイトが開きました。
「無料動画が見れる」と書かれたバナーがあったので軽い気持ちでクリック、すると何かダウンロードする画面が現れ、「入会ありがとうございます。」の画面に切り替わり高額な利用金額が書かれていました。
さらに支払い期限まであと何時間という時間が過ぎていく画面がパソコンの端に大きく現れ、再起動しても消えずパソコンを立ち上げる度にずっと表示されました。
恐くなったAさんはアダルトサイトということもあり、誰にも相談できず、その画面に書かれている指定口座に高額料金を振り込んでしまいワンクリック詐欺の被害に。

事例A
Bさんの携帯に知らない名前の女性からメールが届きました。
その内容はBさんのことを知っているかのような内容で、メールに記載されたURLをクリックすると、女性の写真が見れると書かれていました。
Bさんは気になったのでクリックしたところ出会い系サイトの画面が現れ、そこには「登録完了」の文字と驚くほ高い利用料金が提示されていました。
さらにその出会い系サイトのシステムでBさんの個人情報を得ることが可能なので、払わなければ自宅に行くということも書かれていました。
恐くなったBさんは周りに知られるのも嫌だったので誰にも相談できず、指定された口座にお金を振り込んでしまい、ワンクリック詐欺の被害に。

■ワンクリック詐欺の対策

◎簡単にクリックしない
興味あるものにはついついクリックしまいがちになりますが、ネット上で横行している詐欺もたくさんあるので、軽はずみな気持ちでクリックしないようにしましょう。

◎請求されても無視
高額な利用料金を請求されても絶対に払わず、無視するようにしましょう。
間違っても業者に連絡はしないように。
業者に連絡してしまった為「払わなければ告訴する」などと脅かされたあげく、恐くなり払うハメに。

◎悪質業者公開サイトを参考にする。
詳しい被害報告なども掲載した悪質サイトを紹介しているウェブページもあるので、そこに掲載されているサイトは利用しないようにしましょう。

■もしワンクリック詐欺で騙されてしまったら

入会手続きをしていないのに画像やボタンをクリックしただけで高額な利用料金を請求され騙されてお金を支払ってしまった場合、取り戻すには相手(グループ)を特定する必要があります。
詐欺グループの特定には探偵・調査会社に依頼することが一般的です。
ワンクリック詐欺の調査料金については各探偵事務所・調査会社によって変わりますので、相談時に見積もり依頼されることをおすすめします。

債務整理ガイド