詐欺の手口や事例、詐欺にあわない対策方法、また詐欺にあってしまった時の相談先など解説しています。

調査方法について

■どうやって情報を収集?

探偵はどうやって調査する人物の情報収集を行うのでしょうか?
テレビのドラマでよく見る探偵では相手を尾行して見張る、という印象が強いと思います。
実際はその通りで、探偵の基本調査方法は「尾行」「張り込み」「写真、映像撮影」になります。

調査方法@ 尾行

尾行は探偵の基本の調査方法のひとつで、対象者に見つからないように、あとをつけて行きます。
尾行することで『よく立ち寄る場所』『会う人物』などの情報を得ることが目的です。
対象者に感づかれると警戒されてしまい、後々の調査に響いてきますので素人に真似のできない高い技術力が求められます
浮気調査を例に挙げると、尾行してどんな相手と会い、どこのホテルへ入っていくのか具体的な情報を依頼者に報告することができます。

調査方法A 張り込み

尾行したあと、調査する人物が滞在する場所の付近で張り込みを行います。
尾行同様に対象者に気づかれてしまうと警戒されてしまうので、張り込む場所も時間帯・時間数、対象者の警戒具合、周辺状況などを考慮して決める技術が求められます。

調査方法B 写真・映像撮影

尾行や張り込み途中で証拠となる写真や映像を撮影します。
撮影した写真や映像は依頼者に見せ、本人であること確認してもらいます。
写真撮影は遠距離よりもいかに近距離で撮影できるかが探偵の技術力を問われる部分です。
裁判を起こすようになった場合、この証拠が重要になる可能性があります。

債務整理ガイド